再スタート

やっとblogを書く気持ちが戻ってきた。

誰かが読んでくれてると思うと、なんてったってカッコつけちゃうんだよね。

分かってるんだけど…(笑)

カッコつけてる自分が恥かちーー(〃ω〃)で、書けなかった。

 

そしたらさーたくさん書きたいことが出てきた。

この思い、感じたことやっぱり残しておこうと思います。

あとから読み直した時に自分の記録として大切だもんね。

 

まずスゴイ大好きな人がいるの。

彼女の生き方に惚れてるんだわー。

私が今のように色々と始めたのは「生きる」ことを考えたから。

農家にはなれないけど、少しでも知識があれば自分でお野菜作ったりできるかな。

とか、発酵食は保存食になるとか…

結局はそこにある微生物たちに惚れ込むことになるんだけど(笑)

 

彼女は私のよりずっと生きるチカラに満ちている。

本気で生きているの。

ペラペラの上べだけの自然派とは比べものにならない。

本当に自然と共に暮らすことを実践しているんだな。

だから私は彼女が大好きだし、憧れてるし、尊敬してるのです!

恋しちゃってんだわー♡

 

恋をすると人はどうなるか…

毎日会いたいよね、一緒にいたいよね、褒められたいよね。

そう、恋は盲目!!!!

やってしまった…自分を見失う(笑)

 

彼女が喜んでくれるかなって無理して何かをやる。

大好きだから真似てみる。

一緒にやりたい!もっと期待に応えたい!

そして途中で気づく…く、く、く苦しい。楽しくない…

あーーーーおバカさん!!!!

ハッとした時、菌ちゃんは泣いてた。バカバカバカーーーー!!!って。

 

そうだよね、私が彼女になれるわけないのにね。

私、痛いの苦しいの辛いの嫌いだもんね。絶対修行とか出来ないタイプだよね。

だからストイックに苦手だもんね。

ゆるくて楽々ルンルンで生きていきたいんだもん!って思った瞬間に

菌ちゃん爆笑!!!!

申し訳ございません。その通りです。

 

そして自分がやりたかったことは何か、思い出してみる。

 

布に惹かれたのは布の可能性だ!

衣食住の一番最初にくる衣はこれからもっと絶対に必要になるって

直感だった。でも確信を持って言える。
それを私は伝えたい。


着物を着る練習を毎日するようになって気が付いたことがある。
可愛いが好きなのだ。
身体に良いもだけど、やっぱり可愛いものを纏いたいのだ。
色もデザインも可愛いものを。
それが天然素材で精霊染めして微生物が生きているもので
着て気持ちがいい。そんな衣を着て見せびらかしたいのだ!

 

古布を利用するのも可愛いものを作りたいが根本なんだ。

だから古布だけにこだわらず、新しく買った布とコラボしたっていいじゃん。

斬新なデザインや色を使ってもいいじゃん。

でも絶対に譲れないのは、直線断ちをすること!!!

その服をが要らなくなったとき、直線で断っておけば解いてまた次のものへ

生まれ変わることができるから。

洋服にしてしまうと次に繋げるのが難しい…なので基本全ては直線断ちで作るもの。

 

そんなことを考えてたら神降臨(笑)

まさか私が縫うことになるなんて…

それがねー不思議と手が動く、作ってる時は夢中であっというまに時間が過ぎる。

?????

前に足袋作った時なんて、出来なくて最後は先生が縫うだったのに。

型紙みては難しいけど、出来たものを見て何となくイメージが湧いてきたりする。

 

そーなったら色々と作れてしまう。

まぁ縫い方はまだまだなんだけど…でも少しづつ作品が出来上がるのが楽しい。

それを着てね、街に出て可愛いと褒められるとウキウキしちゃう♡

 

そして出た!「足袋で旅する」

そのために足袋作りしましたー。

実は私の祖父母は足袋を作っていたんです。これはじーちゃんとばーちゃんが

降りてきたな。2回も習ったのに出来なった足袋が今回は不思議と手が動き

作れるのです。

じゃーーーーん!

f:id:color-of-earth:20170425182430j:image

 

 可愛いーー♡今回は縫いやすいように買った綿のプリント生地だけど、

古布使って内側シルクとか作りたい!

これは直線断ちでは出来ないのだけど、足袋は身体にもいいし、可愛さ満点。

しばらくは練習のために何足か作る予定。

出来上がった足袋と何か物々交換してもらえたら嬉しいな(*≧∀≦*)

 

 

そうそう、大好きな彼女と少し会うことを我慢したの。

これは意識的にね。

そしたら我慢してること彼女のウニヒピリは知っていた(笑)

っというのも私の菌ちゃんと彼女のウニヒピリは仲良しなんだもんね。

全部お見通しなんだ。

 

さて、「足袋で旅する」第一弾は微生物と精霊の島!!

どんなころが起きるのか、何を感じるのか。

全てその時に必要なものを用意されるだろうから、それを受け取ってくるだけ。

楽しみだわ♪───O(≧∇≦)O────♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする