足袋で旅する〜その4 ジャングル編

ジャングルの朝からは賑やかだわー。

鳥たちが大騒ぎ(笑)太陽も眩しい!!

 

さぁ今日はジャングル探検。さずがに足袋と下駄は無理なので本日はしっかりと

探検仕様で出かけます。

 

まずはボートに乗って

f:id:color-of-earth:20170610154621j:image

ワクワクするー!!!!リアルジャングルクルーズだ!!!!

もうね、光と愛しかない世界。

本当に全てが共生している。人間だけがその輪に入れていないと感じずにはいられない。

f:id:color-of-earth:20170610154855j:image

 

f:id:color-of-earth:20170610155145j:image

 

なんだって色々なものが話しかけてくるので忙しい(笑)

 

f:id:color-of-earth:20170610155417j:image

 バナナリーフ。これも自然が創ったもの。バナナの葉っぱが生えてきてるの。

 

f:id:color-of-earth:20170610155549j:image

洞窟の入り口。光の世界の入り口みたいだ!!

 

f:id:color-of-earth:20170610155657j:image

 ここにいるとお肌がツルツルのピカピカ。そうなるよね、この環境だもの。

心が満たされているからお腹も全然空かない。

途中から写真とることも忘れたよね(笑)

 

f:id:color-of-earth:20170610155947j:image

  

 f:id:color-of-earth:20170610160027j:image

 

f:id:color-of-earth:20170610160045j:image

 

 

 

外国人あるある。ジャングルの中歩くのだからトレッキング用のシューズと長ズボンでしょ。

と思うのは私の固定概念なのかもしれない。

ほとんどの外国の人は半袖短パンでサンダル(笑)でも問題ないんだな。

 f:id:color-of-earth:20170610160129j:image

 

 

 

カメラマンぶるオット(笑)いつも思うウンチク写真。

f:id:color-of-earth:20170610160525j:image 

 

 この日は1日中ツアーのためお昼は国立公園の中にある食堂へ

普通のおばちゃんが作る家庭料理みたいなものしか食べられませんが…

美味しい♡チャーハンみたいな炒めごはん。少し甘めの味付け。

f:id:color-of-earth:20170610161008j:image

 このご飯の最中にスコールが…まぁすぐに止んでくれるので大丈夫だと思っていたのですが

少しづつお天気は下り坂。

そして私の気持ちも下り坂へ向かっていくのです。

 

午後のツアーはジャングルの1番奥まで行きました。

目的はコウモリのダンスをみること。夕方洞窟からなん百万というコウモリが飛び立って

空を舞う姿がドラゴンダンスとか言われているそうで、これを写真に撮るのがオットの希望。

同じグループにチャンというおじさんがいて、ちょーマイペースで勝手にみんなを仕切っちゃう

のです(笑)でも面白くて楽しく歩いて洞窟へ。

ところが、どのコウモリがいる洞窟に入った時から具合が悪くなり始めます。

f:id:color-of-earth:20170610161618j:image

 

これは入り口。まだ元気いっぱいで笑ってます。

最初に異変を感じたのは臭い。なんか変な臭いがする〜クサい…

そのうちどんどん気持ち悪くなってきました。

なんというか、踏み込んではいけない場所みたいな気がました。

途中でフラワーエッセンスを飲み、ボカシを手首や足首に塗り、手ぬぐいで鼻と口を覆い

ながら歩く。できることならもう先に出たい!!

でも一方通行の洞窟の中。ひたすら我慢して歩く…

疲れはピーク、気分は最悪。その状態で外に出ると雷が鳴って雨が降っているのです。

ジャングルでの雷ですからね、そりゃ半端ない落雷ですよ。

 

これからコウモリ待ちになります。

たくさんの人が待っているので、もう椅子はなく雨が降っているのに外で待つ???

ないない!!!!!

奥の壁に固定された長椅子に座りました。オットは外で待つそう…

しばらくウトウトしてたら急にパァーッっと赤くなったのです。

f:id:color-of-earth:20170610164353j:image

 

 

夕陽が壁に反射したのです!すごい!!!包まれている!

が、喜んだのもつかの間。

目的のコウモリは全然現れない…

どんどん暗くなる。

諦めて帰る人たちがいる中、オットは「なんで出ないんだろう、まだかな」と

待ち続ける。もう疲れピークの私はとうとうキレる。

あのさ、コウモリの都合なんだよ。人間の都合でコントロールなんてできない。

それは人間のエゴじゃん。

しかもアレもコレもって詰め込めすぎなんだよ。

いつもそう全てやろうとするから超疲れて気分が悪くなるんだ。

そして蹴る。

 

その瞬間からまた雷が鳴り出したのです。

あーお天気とリンクしてるわ。

 

結局、最後まで待ち続けましたがコウモリは現れず、真っ暗になった道を

黙々と歩いて事務所まで戻りました。

その間も雷が鳴り響いてまして雨が降り出さないことだけを祈って…

 

2万歩も歩いた1日お疲れ過ぎなのに…やっぱり3時間ほどで目が覚め

昨日と同じ状態。

蛍はまた部屋の中。うーんなんだろう…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足袋で旅する〜その3 ジャングル編

なかなか旅行記書けなくて…気が付いたら1ヶ月近く経ってる(笑)

ボチボチと続けていこう。

 

 

今回の1番の楽しみだったジャングルへ

小さなプロペラ機に乗ってテイクオフー!

 

f:id:color-of-earth:20170526111335j:image

 

あっもちろん足袋と下駄で乗り込みます。

 

1時間くらいのフライト、だんだん緑が濃くなって来る。

f:id:color-of-earth:20170530142610j:image

 

着いた!

グヌン・ムル国立公園へに入り口。

ちっちゃい空港。

 

f:id:color-of-earth:20170530143004j:image

 

グヌン・ムルはホテルはマリオットホテルのみ。

あとはユースホテルが3ー2軒。電気の使用は1日3時間ほど(笑)

うちのオットがそんなこと耐えらえるはずもなく、私もさすがに私たちはマリオットへ

 

リゾートホテルなので、ホテルは完璧です♡

弱いけどレストランとロビーではWi-Fiも使えるし、プールやバーもあり

リゾート感いっぱい。

早速ビールでしょ。

f:id:color-of-earth:20170530143647j:image

 

うまーーーーーい♡

f:id:color-of-earth:20170530143742j:image

 

ホテルの外はもちろんジャングルが隣り合わせ。

キラキラとかじゃなくてドーーーーンって感じ(笑)

でもねー、歓迎されてる感じはするよ。

 

一休みしたら国立公園の事務所へ。

ジャングル滞在中にツアーを申し込みをしに行きます。

もちろん日本語なんて通じない。ツアーも全て英語。

調べマンのオットは数あるツアーの中からお目当のツアーを申し込みたい

のですが、全く通じません…

ツアーのことが分からない私、英語ができないオット、なまりのある英語を話す受付けの人。

3人のやり取りは珍道中(笑)

結論、時間的に行けるツアーには限界があり、それでも3つものツアーに申し込みました。

 

早速今夜、ナイトジャングルツアーです!

f:id:color-of-earth:20170610144539j:image

陽が暮れてきました。夕陽も美しい…なんでこんな色してるかなー。

f:id:color-of-earth:20170610144645j:image

 

集合してガイドさんによる名前の確認。

Kyokoと呼ばれる…んっ?代表者はうちのオットにしたはず…

どうやら受付けのおばちゃんが私の名前にしたらしい(笑)

 

真っ暗になったジャングルへ…

本当に真っ暗。10名ほどの人数で1列になって歩くのだけど、私たちは1番後ろ。

振り向いたら何にも見えない。

でも不思議と怖さはなくて、逆に気持ちがいい!!!

鼻歌歌いながら歩くと色々な声や虫たちに出会えました。

f:id:color-of-earth:20170610145452j:image

f:id:color-of-earth:20170610145513j:image

f:id:color-of-earth:20170610145532j:image

f:id:color-of-earth:20170610145544j:image

f:id:color-of-earth:20170610145627j:image

どれもみんな可愛い♡

写真はオットが撮影。私はこの空間を楽しむことに専念していました。

暗いのにもだんだん慣れてくるのですよね、そのうちライトの明かりがなくても

大丈夫なくらいに。フタバガキ科の樹が多いので高い樹(50メートルくらいある)

で覆われているので空も見えないのですが、時々木々の隙間から見える空には満天の星空。

地上には蛍がたくさん舞っているし、たくさんの虫の声。

ぷは〜気持ち良すぎる。

ジャングルに挨拶しながら歩くと自分もこの空間の一部であることを感じました。

受け入れてもらった?っていうのでしょうか。

だから怖さとかは全くない。

 

蛇の写真をみて「怖い」と言った人がいました。私には何が???

噛まれそうじゃない?そんなことあるわけないじゃない!!

蛇ちゃんも噛む時は命がけなのよ。何もしなければ何もしてこない。

 

ツアーの最中も1人、ちょっと自分勝手な行動をとる人がいたのです。

その人は何度も虫に噛まれてました(笑)

そーゆーことなんだと思うのです。怖いと思えば向こうも怖いと思って襲ってくるのでは?

 

1時間半くらいのツアーでしたが、大満足。

ホテルに戻ってビール飲んで寝るはずが…これは滞在中に起きることなのですが、

睡眠時間が毎日ほぼ3時間ほど。

しかも眠くて眠くて耐えきれずにパタっと落ちるのに3時間くらいで眼が覚めるのです。

そしてすごく熟睡した感覚。

そしてベットの中でゴロゴロしていると部屋の中に蛍がいました。これも毎晩。

不思議な感覚。

また朝方ウトウトするのですが、これは浅い感じの眠りなのです。

6時前には起きてバルコニーに出て持参したムックリを鳴らしてみると鳥たちが応えてくれるんですよ。リスらしきものも現れてくれたり。ジャングル気持ちいーー♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足袋で旅する〜その2

早朝香港を飛んでボルネオ島、コタキナバルへ。

初マレーシア♡

香港以上にimmigrationゆるい感じ。入国カードなし、指紋もとられない(笑)

だからかなー全体的にゆるい感じが…

まずはタクシーでホテルへ

空港で市内のホテルには一律30リンギット750円くらい。

しかもタイやバリで感じたような「騙してやる」って感じがしない。

マレーシアいい国なのかも(*´∀`*)

 

本日のホテルは隣に大きなショッピングセンターがあるホテル。

夫の大好きなWi-Fiもバッチリ、清潔感もある。

今回のホテルチョイスはいいぞー(笑)

 

荷物を置いて、まずは後半コタキナバルに戻ってきた時のツアーに

申し込みをするために観光センターみたいなところへ…

もちろん日本語は全く通じない。でもおじ様がとても親切な人で

ツアーを扱ってる会社の人を呼んでくれました。

日本語のツアーは高いので、もちろん英語のツアーですよ。

まだ英語に脳みそが慣れてなくてカタコト(笑)だけど

待ってる間、色々と話してみると夕陽が綺麗だからハーバーでお茶をするといいよ。

(まぁ私はお店ビールですけど…)

地元で有名なシーフードのレストランはココだよって地図に書き込んでくれました。

明日はサンデーマーケットがある情報もゲット。朝6時から開催されてるんだって。

そうそう、海外でこんなやり取りをするのって楽しい!!!

 

その後は紹介されたツアー会社でコタキナバルでのツアーをアレンジしてもらいました。

夫はキナバル山やラフレシアの花、天狗ざるを見たいだったので2日分のツアーに

申しみました。両替もしたかったので、両替所の場所を聞くと「この辺りで高いレートの場所が

あるよ」と連れて行ってくれました。確かにどこよりもレートが良い!!!

お礼を言うと照れ臭そうな笑顔で去って行きました♡

あーやっぱり海外楽しいなー。しかもこの穏やかなお国柄。

コタキナバルはのんびりしてて、人やとても穏やか。

 

さぁ街を歩いてみよう!

f:id:color-of-earth:20170515222838j:image

 

もちろん足袋と下駄で

f:id:color-of-earth:20170515223034j:image

 

マーケットは活気で溢れてた。

クラフトマーケットは民芸品やパールが売られてました!

どこのお店も控えめ、ガンガン売りつけてこないんだな。

 

f:id:color-of-earth:20170515223943j:image

 

そしてクラフトマーケットの通りは足踏みミシンがズラっと並んでる٩(^‿^)۶

すごい!

しかも縫い子さんはみんな男の人。のんびりお喋りしてる。

洋服の修理もしてるみたい。お兄さんが縫ってる姿、とても楽しそうで鼻歌が聞こえてきそうだった!

なんかいいなぁ。こののんびり時間。

f:id:color-of-earth:20170516003804j:image

 

 その先は食料品の市場。

果物、野菜、魚、お肉は基本的にイスラムの人が多いのであまり売ってなくて

鶏肉が少しだけ。

どれも新鮮。エネルギーいっぱいを感じる。聞いてないけど、きっと無農薬(笑)

それと余計なことしてないんだろうな。

だから味は素朴かも。

f:id:color-of-earth:20170516004054j:image

f:id:color-of-earth:20170516004124j:image

f:id:color-of-earth:20170516004237j:image

 

マンゴー美味しかった♡ココナッツジュースもー♡♡

 

そして気がつく

お腹が空いている…

実は千歳空港のお寿司を食べた後、ほとんど食事をしてなかったのです。

お腹が空かなければ食べないので。

やっとお腹が空いた!

暑くて疲れたし、夕陽見ながらビール🍺ってことで海沿いのバーへ

 

f:id:color-of-earth:20170516004829j:image 

 

 このフィッシュ&チップスが超美味しかった!

フワフワのお魚。タルタルも手作りでちょっぴり甘め。

そしてもちろんのビール。

地元のタイガービールは薄いよー残念。

しかもアルコールは高い。イスラムの人はお酒を飲まないので、アルコールは食事

と同じくらいの値段。私たち夫婦にはいたい話です😭

 

明日はサンデーマーケットに早起きして行きます!

そしていよいよジャングルへ

 

 

 

 

 

 

足袋で旅する〜その1

連休は約10日間、ボルネオ島へ行ってきました。

簡単なスケジュールは、新千歳空港から香港まで飛んで一泊。

次の日にボルネオ島の玄関口、コタキナバルへ。次の日に今回の目的地

ムルへ。世界遺産でるグヌンムル国立公園が今回の旅のメイン。

で、またコタキナバル、香港で帰ってくると言う旅。

 

今回も超調べマンの夫がWi-Fiを駆使してエアチケットからホテルから、全て手配してくれました。

ツアーの申し込みはここで、両替はここと、まぁ細かいところまで調べてくれるので

私は何も考えず楽しむことだけー(笑)

まさにリアル地球の歩き方の夫。

ただしそれだけの情報量なので、毎回スケジュールが過密過ぎて疲れ果ててキレます。←今回も勃発(笑)

 

そして今回の旅は、『足袋で旅する』たびびとです。

自作の足袋とオーダーメイドで作ってもらった足袋を持って行きました。

まずは千歳空港。

まだ連休の前日、空港はそんなに混んでない…

とりあえず恒例のお寿司。我が家は海外へ行く前は必ず空港でお寿司なのです。

お寿司とサッポロクラッシック!のはずが、なんとモルツ!!!!!

あ、あ、あり得ない。

f:id:color-of-earth:20170514154439j:image

納豆菌も腸内へ・・・・干し納豆を作って持ってくるだったなーと思ったのですが

手遅れなので、旅行中お腹を壊したりしないためにも納豆食べておきました。

納豆菌は1週間くらいは腸内に潜伏しますので、アジアなどに行く時はお勧め〜

 

f:id:color-of-earth:20170514154755j:image

 

さぁいよいよ出国。2年ぶりの海外!

f:id:color-of-earth:20170514154857j:image

足袋で旅するたびびと記念すべき1足目は富士山とシロクマ♡

それに合わせて下駄を履いて行きますよ。

やっぱり下駄が可愛い!そこは可愛いが大事!!!

 

f:id:color-of-earth:20170514154913j:image

 

まずは香港へ…到着は深夜11時50分。

飛行機の中は映画三昧。モアナやLaLa land、福ちゃんのscoopも

観れました。scoopで大好きだった(過去形)福ちゃんもオッさんだった

と気付いた。意外とお腹周りオッさん体型だと。あっ役柄かもしれませんが…

そんなことしているうちに香港へ到着。何年ぶりかな・・・

夫と付き合い始めて2週間後に一緒に香港に旅行にきたんですよ。

あの頃はまだ初々しく、恋愛ど真ん中で全てが眩しかったなー(笑)

2人でビクトリアパークを手を繋いで走ったんだわ。映画のワンシーンみたいだったわ♡

 

 

immigrationに着いたら深夜なのに長蛇の列。

しかも入国カード書いてないことに気がつく。

大体飛行機の中で配られるはずなんだけど・・・あれー?

でも全くの緊張感も焦りもなく、どこか余裕なこの感じ。

普通に入国カードを見つけて、そのまま列に並び、並びながら記入。

ここでの私の英語力。話せるけど書けない(笑)

夫に書いてもらったら、超適当。何処か来たか?の質問にsightseeingって

書いてました。全然気がつかないまま入国審査へ

まっ何も問題なく入国しちゃいました。審査官も適当だな(笑)

 

空港直結のホテルにチェックインしたのは午前1時過ぎ。

さすがに疲れててビールのんで寝たい。

もちろん私の菌ちゃんのご気分に素直に従うだけなので

冷蔵庫のビールをプッシュっと。あっという間に眠りに落ちました。

これは旅が終わって気がついたのだけど、夫がチョイスするホテルはなるべく安くがモットー

便利だったり、居心地の良さだったり、気持ちの余裕は第1優先ではなかったのです。

それが今回は何故か私の体力に無理をしないで、気持ちに余裕ができるような

ホテルがチョイスされてました。夫いわくタイミング良くセールの時に予約できたとのこと。

これも菌ちゃんが用意させてたんじゃないかな(笑)

 

次の日の朝7時には空港へ行くので、直結のホテルで本当に良かった。

数時間の滞在にはちょっと贅沢なホテルでしたけど…私が気分よく過ごせたので!

 

f:id:color-of-earth:20170515003326j:image

 

 

今回の旅は「ゆだねきる」にも挑戦したいと思っていました。

どこまでゆだねきれるか挑戦する。

菌ちゃんの赴くまま〜気持ちの良い方で旅を楽しむ♡

 

その2はボルネオ島に入ります!

 

 

 

 

 

 

 

再スタート

やっとblogを書く気持ちが戻ってきた。

誰かが読んでくれてると思うと、なんてったってカッコつけちゃうんだよね。

分かってるんだけど…(笑)

カッコつけてる自分が恥かちーー(〃ω〃)で、書けなかった。

 

そしたらさーたくさん書きたいことが出てきた。

この思い、感じたことやっぱり残しておこうと思います。

あとから読み直した時に自分の記録として大切だもんね。

 

まずスゴイ大好きな人がいるの。

彼女の生き方に惚れてるんだわー。

私が今のように色々と始めたのは「生きる」ことを考えたから。

農家にはなれないけど、少しでも知識があれば自分でお野菜作ったりできるかな。

とか、発酵食は保存食になるとか…

結局はそこにある微生物たちに惚れ込むことになるんだけど(笑)

 

彼女は私のよりずっと生きるチカラに満ちている。

本気で生きているの。

ペラペラの上べだけの自然派とは比べものにならない。

本当に自然と共に暮らすことを実践しているんだな。

だから私は彼女が大好きだし、憧れてるし、尊敬してるのです!

恋しちゃってんだわー♡

 

恋をすると人はどうなるか…

毎日会いたいよね、一緒にいたいよね、褒められたいよね。

そう、恋は盲目!!!!

やってしまった…自分を見失う(笑)

 

彼女が喜んでくれるかなって無理して何かをやる。

大好きだから真似てみる。

一緒にやりたい!もっと期待に応えたい!

そして途中で気づく…く、く、く苦しい。楽しくない…

あーーーーおバカさん!!!!

ハッとした時、菌ちゃんは泣いてた。バカバカバカーーーー!!!って。

 

そうだよね、私が彼女になれるわけないのにね。

私、痛いの苦しいの辛いの嫌いだもんね。絶対修行とか出来ないタイプだよね。

だからストイックに苦手だもんね。

ゆるくて楽々ルンルンで生きていきたいんだもん!って思った瞬間に

菌ちゃん爆笑!!!!

申し訳ございません。その通りです。

 

そして自分がやりたかったことは何か、思い出してみる。

 

布に惹かれたのは布の可能性だ!

衣食住の一番最初にくる衣はこれからもっと絶対に必要になるって

直感だった。でも確信を持って言える。
それを私は伝えたい。


着物を着る練習を毎日するようになって気が付いたことがある。
可愛いが好きなのだ。
身体に良いもだけど、やっぱり可愛いものを纏いたいのだ。
色もデザインも可愛いものを。
それが天然素材で精霊染めして微生物が生きているもので
着て気持ちがいい。そんな衣を着て見せびらかしたいのだ!

 

古布を利用するのも可愛いものを作りたいが根本なんだ。

だから古布だけにこだわらず、新しく買った布とコラボしたっていいじゃん。

斬新なデザインや色を使ってもいいじゃん。

でも絶対に譲れないのは、直線断ちをすること!!!

その服をが要らなくなったとき、直線で断っておけば解いてまた次のものへ

生まれ変わることができるから。

洋服にしてしまうと次に繋げるのが難しい…なので基本全ては直線断ちで作るもの。

 

そんなことを考えてたら神降臨(笑)

まさか私が縫うことになるなんて…

それがねー不思議と手が動く、作ってる時は夢中であっというまに時間が過ぎる。

?????

前に足袋作った時なんて、出来なくて最後は先生が縫うだったのに。

型紙みては難しいけど、出来たものを見て何となくイメージが湧いてきたりする。

 

そーなったら色々と作れてしまう。

まぁ縫い方はまだまだなんだけど…でも少しづつ作品が出来上がるのが楽しい。

それを着てね、街に出て可愛いと褒められるとウキウキしちゃう♡

 

そして出た!「足袋で旅する」

そのために足袋作りしましたー。

実は私の祖父母は足袋を作っていたんです。これはじーちゃんとばーちゃんが

降りてきたな。2回も習ったのに出来なった足袋が今回は不思議と手が動き

作れるのです。

じゃーーーーん!

f:id:color-of-earth:20170425182430j:image

 

 可愛いーー♡今回は縫いやすいように買った綿のプリント生地だけど、

古布使って内側シルクとか作りたい!

これは直線断ちでは出来ないのだけど、足袋は身体にもいいし、可愛さ満点。

しばらくは練習のために何足か作る予定。

出来上がった足袋と何か物々交換してもらえたら嬉しいな(*≧∀≦*)

 

 

そうそう、大好きな彼女と少し会うことを我慢したの。

これは意識的にね。

そしたら我慢してること彼女のウニヒピリは知っていた(笑)

っというのも私の菌ちゃんと彼女のウニヒピリは仲良しなんだもんね。

全部お見通しなんだ。

 

さて、「足袋で旅する」第一弾は微生物と精霊の島!!

どんなころが起きるのか、何を感じるのか。

全てその時に必要なものを用意されるだろうから、それを受け取ってくるだけ。

楽しみだわ♪───O(≧∇≦)O────♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

南インドに興味シンシン

本日のお昼にカレーが食べたい!

っと夫のリクエストに応えて初めてのお店に行ってきました。

 

夫婦2人暮らしの我が家。

カレーは作らないのがルール(笑)

まず私がそんなにカレーを好まない。

市販のルーは好きじゃない、油っぽいから。

1度作ると何日もカレーになる…

なのでカレーの気分のときは基本的に外食です。

 

円山にある本格インドカレー屋さん。

しかも分かりずらい。えーーっここに入っていくの?

という住宅街の一軒家。

駐車場も小さいので私の運転ではいけないかも。

 

お店に入るとすぐ二階席へ

ゆとりのある席座ってメニューをみると

インドカレー南インドカレーのミールス(セット)がありました。

初めてだからまずはこれを頼んでみよう。

私は珍しいから南インド、夫は北インドをそれぞれオーダー。

リストの中から好きなカレーと主食?ナンみたいなもの、それとドリンクを選びます。

お肉を食べない私には嬉しいベジタリアン対応が可能というので

私はベジで本日の豆(ダル)カレーにしました。

ダルカレーは普通でも選べるのですが、副菜などがベジになるそうです。

 

f:id:color-of-earth:20170305161520j:image

 

3種類のカレーとヨーグルトみたいもの、ライスと副菜2種類、ご飯に刺さってるのは揚げた

おせんべいみたいなパリパリしたものと中が空洞の膨れたパン??

それに2種類の調味料?

1つはココナッツベース、もう一つはミント←これはお好みでと言われました。

それに箸休めの日本的には福神漬けの役割っぽい、ピクルスみたいなもの。

カレーはトマトとレモングラスかなー酸っぱ辛いスープみたいなもの。

お野菜とココナッツで味付け甘めのもの。

ダルカレーはお豆をすり潰したカレー(具はとくになし)

 

まず一口目はトマトのカレー。

カレー?ほとんどスープ。これも具はなくてレモングラスみたいなハーブが入ってるだけ。

最初はうーんっと思ったけど、くせになる。

ちょっとココナッツの調味料を入れてみると味が変わって、ついつい口に運んでしまう美味しさ。

お野菜のカレーはじゃがいもや人参が入ってて、これまた美味しい。

そして何よりダルカレーがめっちゃ美味しい!!!!

副菜も箸休めにぴったりで大満足。

最後は食べきれず夫へ・・・

 

食べ終わったあと身体がすごく満足している感覚がありました。

南インドカレー好きかも!

改めてメニューをみると一番最初に書かれてた。

まずインドカレーはダシはとらないということ。

日本のカレー屋さんでは鶏ガラなどでダシをとって作るカレーもあるみたいですが・・

もちろん小麦粉なども使わない。

南インドはお米が主食、あとは豆。豆粉なども使うそうです。

スパイスで作るそう。しかもインドは宗教上の理由で菜食の人が多い。

しかも南インドは油もほとんど使わない。

わぉーそれは私好みだわ!!!

お腹のあたりがポカポカと温かい。胃もたれゼロ。

 

多分、身体も心も満足したからだと思うのですが…

南インドってどんなところなんだろう?

宗教って?

っと気になることが次々と。興味が出てきました。

 

分からないことはずぐに調べる。自分メモ。

まずインドはヒンズー教イスラム教の人が多いということ。

ヒンズー教は牛は食べません。

イスラム教の人は豚は絶対に食べないし、鶏や牛もきちんと

処理されたものだけ。ハラールの認定を受けたもの。

っとなると必然的に菜食の人が多くなるということみたいです。

首都のあるニューデリーは北インドになります。

私のインドのイメージはまさにテレビで観るインドの映像(笑)

正直あんまり興味はなく、一生行かない国ベスト3に入ってました。

ところが南インドは全くの別世界。

自然が豊かで人も穏やからしい。とてもシャイみたいです…

しかも食事は菜食のもの。暑い南インドは加熱時間が短くてサラッとした食事。

いわゆるシャバシャバのスープみたいなカレー。油分が少ないから胃もたれしない。

スパイスはマスタードカレーリーフと呼ばれるものが多く使われているとのこと。

ココナッツを使う。主食はお米や豆。小麦粉は使わない。

これってベジでグルテンフリーってこと(笑)

ちなみに北インドは乾燥してて小麦粉の栽培が盛んなので、ナンを食べるそうです。

しかも濃厚、牛乳や生クリーム、バターを使うので油分が多いのも特徴。

ガラムマサラは北インドカレーの代表スパイス。北インドは寒いので動物性で身体を

温める必要があるからなんだって

ふーんなるほど。それぞれの気候に適したカレーになっているんだなー。

スパイスも全然違うし。

 

南インドは河川も多くて水が豊富。だから稲作は盛んなんだって。

景色も田園風景が広がってて世界遺産もあったりで、何だか素敵♡

いつか行ってみたいかも!!!!

 

まさかカレーを食べに行っただけで南インドに興味が出てしまうなんて。

とてもワクワクして調べてみました!知らないことを知る楽しい。

ほんの小さな出来事でも興味を持つとまた違う世界広がるんだな。

お店は夜も営業しているとのこと。

今度はインドビールを飲みに行きたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

精霊染めを世に出していく覚悟

私がやりたいことは分かっているのです。そしてそれは必ず世界で役に立つこと

なのもしっているます。でもこれを扱うにあたり腹をくくる必要があることも

同時にわかっているます。

精霊の存在、私は信じています。

今思えば、彼らは私の前に何度も現れていました。だから写真にいつも何か

写り込んでいたのです。しかもこれは撮る前からそこにある存在を私は知っていたのです。

それだけ精霊たちからアピールしてもらってるのに、これは光の加減かなー偶然だろうと

私の基準で納得してきました…

 

そして今回出会った精霊染め。

薬草には必ず精霊がいます。これは薬草だけではないと思いますが…

その薬草をある方法で発酵させて出来るのが精霊染め液です。

この液は生きています。中に入っている微生物たちが生きているからなのです。

この子たちは人間のために頑張ろうとしています。

身体も心も良くしてあげたくて存在をしています。

こんなにも理解しているのに、まだ精霊という言葉に私の周りから理解して貰おうとしている

自分がいるのです。正確には私のエゴなのです。

きっと人間を助けるものだから皆に出来るだけ理解して使って欲しいと思っている。

だから言葉を選んだり、あんまり熱く語らないようにしていました。

そんなこと全く必要ないのにね(笑)

響く人にだけ伝えきれればそれでいいはずなのに…

 

昨日、初めてアイヌの方が行なっている先祖供養に参加させてもらいました。

ここには呼ばれた人しか行くことができないそうです。

アイヌの方で本物のシャーマンが供養を行なってくれます。

私自身のことも見て下さったのですが、「あなたの周りが騒がしいわね、でもあなたは

それに気が付いてないでしょ?」「はい、全く」「それならいいわ。気が付いていないのならそのままで大丈夫」

騒がしい周り…

多分、私のことを妬んだり変に心配している人たちのことだと思います。

ハッキリと声は聞こえてきませんが(そーいうのって直接本人には言ってこないものですから)

まずここ半年くらいは本当に人前に出なくなりましたし、SNSの投稿もほぼしてません。

blogも書いてないし…あいつ何してるんだ状態です(笑)

たまに友人の投稿にtag付されると、仲良くしてる写真や精霊の染め液作ってるとか出てくる。

まず繋がっている友だちをみて嫉妬してザワザワしてるでしょう。

そして精霊…怪しーーーーーーーい!!!!!!

あっ絶対宗教だ!マジあいつヤバイ。とうとう一線超えちゃった。出家か?

くらいな勢いでザワザワしている人たちがいるのだと思います。

 

私の関東にいるお友だちはほとんど目に見えない存在をを信じていない人たちでしたし、

北海道に来てからのお友だちは嫉妬されることが多い人たちでした。

去年、自分が嫉妬される存在なんだと知ってからこのことに気が付いたくらい…

きっと私の菌ちゃんたちが知らなくて良いことは気が付かないようにしてくれてたのだと

思います。

前の仕事関係は現役のドクターもいますし、こんな精霊のことなんて信じるわけないのです。

でもどうにか少しでも理解して欲しいと思っていました。

だって病気の子どもたちに身に付けて欲しい布だのですから。

そんなエゴの思いが自分に蓋をしていたのかもしれません。

 

いよいよその時はきたのだと思います。

コードカットして貰って宣言したいとおもっています。

これから私が精霊液を扱って行くことを。そのときはblogでも宣言します!

 

これからこの精霊染め液で人が本来の人らしく生きていけるようになること。

自分らしく生きる、これこそが世界平和なのだと。

 

ちなみに自分用に精霊染めしたものはとても気持ちよく、身に付けていると

リラックスして色々なアイディアが浮かんできたり、本能で身体が動くようになる気がしています。

何より自分と繋がりやすくなると思います。

私は菌ちゃんと繋がっていますが、それがより強くなっていきます。

 

超左脳タイプの夫。

精霊なんて絶対に信じないだろうし、話しても理解してくれないと思っていましたが、

精霊染め液のことは少し理解したみたいで、怪しくないって言ってました(笑)

毎日染め液身体につけてます。

まずはこの夫が変わったらすごいなー!

 

f:id:color-of-earth:20170302162216j:image